−FF12-ストーリー− ▼ TOP-Simple / FF12-Simple


  • ストーリー

    まだ魔法があたりまえのように存在し、
    天かける飛行艇が大空を埋めていた時代の物語 ─────。

    来るべき戦乱に備え、強大なアルケイディア帝国は、
    その周辺諸国に進行し、次々と支配下においていた。
    それは物語の舞台となる小国ダルマスカも同じであった。

    アルケイディア進駐軍の新たな執政官が王都ラバナスタに到着した。
    ダウンタウンに住む若者ヴァンにとっては、
    唯一の肉親であった兄の命を奪った憎き仇ともいえる存在である。
    ヴァンは、一泡吹かせようと、新執政官のいる居城へと侵入をはかった。
    お宝のひとつでも盗んでやろうという魂胆であった。

    ところが、そこでヴァンは思わぬ事件と遭遇することになる。
    アルケイディア帝国に反旗を翻す、
    旧ダルマスカ王国軍のレジスタンスが攻めてきたのである。
    大混乱となっら城内でヴァンは我が目を疑った。
    行方不明とされてきたダルマスカ王国の王位継承者、
    唯一の生き残りである王女アーシェの姿をレジスタンスの中に
    見つけたのであった ─────。

    ヴァンとアーシェ、ヴァンの友人パンネロ、空賊バルフレアとその相棒フラン、
    そして、ダルマスカ王国将軍でありながら、ダルマスカ国王を殺害したバッシュ。
    多くの登場人物の出会いと冒険を軸に、
    アルケイディア帝国侵攻の裏に隠された謎をめぐるストーリーが
    イヴァリースを舞台に繰り広げられる。


  • ▼ TOP-Simple / FF12-Simple