−FF12-プロローグ− ▼ TOP-Simple / FF12-Simple


  • プロローグ

    戦士は剣を手に取り、胸に一つの石を抱く
    消えゆく記憶をその剣に刻み
    鍛えた技を石に託す
    物語は剣より語られ石に継がれる
    今、その物語を語ろう…


    それはイヴァリースと呼ばれる世界の物語
    バレンティア大陸を支配する強大な
    軍事国家であるアルケイディア帝国は
    オーダリア大陸を支配するロザリア帝国と
    長年にわたって戦争を続けていた


    そんな中、アルケイディア帝国は両大陸との回廊に位置する
    地政学的にきわめて重要な小国、ダルマスカ王国に侵攻する


    アルケイディア帝国の侵略に屈したダルマスカ王国の
    正当な王位継承者アーシェは
    帝国に抵抗運動を続けるレジスタンス(解放軍)に参加する


    祖国解放を胸に戦う彼女に敵の追撃は厳しく、
    しかし、くじけることもできなかった。
    そんな時、一人の少年ヴァンと出会う。
    彼との出会いで、しだいにアーシェの心には変化が生まれ始めた


    そして…


    二人の出会いがこの世界の物語を大きく変えてゆく…。


  • ▼ TOP-Simple / FF12-Simple